« 中国の重大なイベントに冷や水 | トップページ | 大規模な在庫積み上がりは起きない »

2017年9月 6日 (水)

医学分野の国際誌「実験医学雑誌」に掲載された報告書で「ジカウイルス」が脳がん治療の助けとなる可能性があると発表。

 

 セントルイス・ワシントン大学とカリフォルニア大学サンディエゴ校の最新の研究によると、脳腫瘍の一種で浸潤性が最も高い
   膠芽腫
の治療にジカウイルスを利用できることがわかった。

 ジカウイルスが膠芽腫の幹細胞に感染し殺してしまうことを突き止めた。

 膠芽腫のあるラットにジカウイルスを感染させたところ、健康状態が遥かに良くなり寿命も延びたという。

 ジカ熱とは、サル由来のウイルスが蚊の媒介で時として人間にもうつる急性感染症のこと。

 重度脳障害の恐れを伴う
   水頭症
が胎児に起きることもあるため、妊婦の感染が特に危険とされている。

 
   

« 中国の重大なイベントに冷や水 | トップページ | 大規模な在庫積み上がりは起きない »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 中国の重大なイベントに冷や水 | トップページ | 大規模な在庫積み上がりは起きない »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ