« #核兵器の使用がなくとも朝鮮半島で無差別砲撃があれば最初の数日で被害者は最大30万人 | トップページ | ロンドン勤務の従業員を欧州連合(EU)内の複数のオフィスに移す計画 »

2017年10月30日 (月)

民事制裁金 上限20億ドル(約2300億円)交渉中?

 

 英国金融大手バークレイズが10年前に
   問題のある住宅ローン証券
を偽って販売したとされる問題で、同行と米司法省は
   法廷外での決着に向けた協議
を再開した。

 この事情に詳しい関係者がメディアの取材で
   交渉プロセスは機密
として匿名を条件に明らかにした。

 司法省は最近数週に、交渉再開を求めたバークレイズの要請に応じており、交渉がうまく進めばバークレイズは長期間の裁判を避けて株価の重しとなっている主要な法的問題を解決できるという。

 これまでバークレイズが司法省が交渉の土台として示した支払額を拒否し、司法省は昨年12月にバークレイズを詐欺で提訴していた。

 こうした事情を知る関係者は当時、バークレイズは
   20億ドル(約2300億円)を超える民事制裁金
を支払うつもりはないが、司法省はより高額を求めたと述べていた。

 
    

« #核兵器の使用がなくとも朝鮮半島で無差別砲撃があれば最初の数日で被害者は最大30万人 | トップページ | ロンドン勤務の従業員を欧州連合(EU)内の複数のオフィスに移す計画 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民事制裁金 上限20億ドル(約2300億円)交渉中?:

« #核兵器の使用がなくとも朝鮮半島で無差別砲撃があれば最初の数日で被害者は最大30万人 | トップページ | ロンドン勤務の従業員を欧州連合(EU)内の複数のオフィスに移す計画 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ