« 経済予測モデル「GDPナウ」 3・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しは年率2.7% | トップページ | ごろつきばかり »

2017年10月 3日 (火)

ラスベガスの中心部で発砲事件

 

 米国西部ネバダ州の観光都市ラスベガスの中心部で1日午後10時(日本時間2日午後2時)すぎ、ネバダ州メスキート在住で白人の
   スティーブン・パドック容疑者(64)
がホテル「マンダレイベイ」の32階から近くの
   屋外コンサート会場
に向けて銃を乱射し、地元警察は少なくとも58人が死亡、515人以上が負傷したと発表した。

 パドック容疑者は、機動隊がホテルの部屋に突入する前に自殺した。
 事件を起こした動機は不明だ。

 在サンフランシスコ日本総領事館は、2日朝時点で日本人が巻き込まれたとの情報はないとしている。

 

   
   (出典:https://www.youtube.com/embed/VIR-FeVU2C0)

   

 CNNテレビなどのメディアは米史上最悪の銃乱射事件と伝えた。

 地元警察によると、男は。過激派との接点は確認できていない。
 FBIなど捜査機関は単独犯とみて捜査している。

 ホテル「マンダレイベイ」に9月28日にチェックインし、部屋からは多数の銃が見つかった。
 また、警察は自宅も捜索し動機の解明を急いでいる。

 過激派組織「イスラム国」(IS)は、男は
   「ISの兵士」
だと宣伝効果を狙い主張する声明を発表し、数カ月前にイスラム教に改宗し、ISの呼び掛けに応じたとしている。

 ただ、米政府高官は、プロパガンダの域を出ないものであり、犯行声明は疑わしいとの見方を示した。

 

 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は2日、ホワイトハウスで声明を発表し「極めて邪悪な行為だ」と非難したうえ、4日にラスベガスを訪問する意向を表明した。

 現場はカジノや高級ホテルが立ち並ぶ「ラスベガス・ストリップ」と呼ばれる目抜き通りで当時、カントリー音楽フェスティバルの最終日のコンサートが行われていた。

 警察によると、2万人を超える観客がいた模様。

 容疑者の男はホテルの部屋から、コンサート会場に向けてアサートライフル銃を連射した。

 ツイッターに投稿された映像には、銃の連射音が鳴り響き、多くの人が「銃声だ」などと叫び、騒然となった。近くのマッカラン国際空港では飛行機の離着陸が一時中断された。

 
     

« 経済予測モデル「GDPナウ」 3・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しは年率2.7% | トップページ | ごろつきばかり »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガスの中心部で発砲事件:

« 経済予測モデル「GDPナウ」 3・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しは年率2.7% | トップページ | ごろつきばかり »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ