« イランへの帰国を求める。 | トップページ | 核爆弾 を搭載した数機のB-52を24時間待機させ、いつでも出撃できる状態を維持 »

2017年10月24日 (火)

3カ国会談

 

 小野寺五典防衛相は23日、訪問先のフィリピンで米国の
   マティス国防長官
と韓国の
   宋永武(ソン・ヨンム)国防相
との3カ国会談に臨み、会談の冒頭で、
   北朝鮮による脅威
は重大で切迫した水準に達しているとの認識を示し
   日米韓3カ国
はこうした脅威に対応する必要があるとの認識を示した。

 

 韓国の宋国防相は会談前、記者団に対し
   北朝鮮の挑発的な行動
は一段と悪化しているとの認識を示していた。

 また、マティス長官は北朝鮮の核実験について「地域、および全世界の安全を脅かす」として厳しく批判した。

 

 小野防衛相は3カ国会談に臨む前にマティス長官と個別に会談した。
 マティス長官はこの会談について
   「外交官を支え、安定と平和を維持する」
ことなどについて話し合ったと述べた。

 
    

« イランへの帰国を求める。 | トップページ | 核爆弾 を搭載した数機のB-52を24時間待機させ、いつでも出撃できる状態を維持 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3カ国会談:

« イランへの帰国を求める。 | トップページ | 核爆弾 を搭載した数機のB-52を24時間待機させ、いつでも出撃できる状態を維持 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ