« トランプ大統領に好印象を与えたテーラー教授 | トップページ | 決算の質という問題 »

2017年10月17日 (火)

9月の消費者物価指数(CPI)は鈍化

 

 米国労働省が13日に発表した9月の消費者物価指数(CPI)は、食品とエネルギーを除くコア指数が
   前月比+0.1%(前月 0.2%上昇)
と上昇の伸びが鈍った。

 新車は0.4%、医療費は0.1%それぞれ低下した。

 米商務省による9月の小売売上高は、前月比で約2年ぶりの大幅な増加となった。
 13日の米国債は上昇(金利は低下)した。
 ただ、株式市場もS&P500種株価指数が0.1%高と上昇した。

 
    

« トランプ大統領に好印象を与えたテーラー教授 | トップページ | 決算の質という問題 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月の消費者物価指数(CPI)は鈍化:

« トランプ大統領に好印象を与えたテーラー教授 | トップページ | 決算の質という問題 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ