« 銃口から政権が生まれる | トップページ | 訴えられるのを阻止するため、記者や高度な訓練を受けた元スパイ、身元を偽った軍人らを雇っていた »

2017年11月 7日 (火)

在韓米軍の数が3万3000人?

 

 米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
は6日、日本で安倍首相との共同記者会見で、在韓米軍の数を3万3000人と述べた。
 在韓米軍の数が2万8500人水準という既存の立場とは異なり、どちらが正しいのかという話題が広がった。

 在韓米軍関係者へのメディアの取材で「トランプ大統領がどんな根拠でそのように言ったかはわからない。しかし、在韓米軍の数は2万8500人水準ということが在韓米軍の公式立場」であることを再確認した。

 なお、在韓米軍の数が循環配置や訓練などにより一部変動することはありうる。

 トランプ大統領が明らかにした3万3千人と在韓米軍の既存の立場2万8500人との差は4500人。
 単純な臨時兵力移動では説明がつかない規模だ。

 韓国国防部も「在韓米軍の数は2万8500人水準」という既存の立場を繰り返す。

 

 在韓米軍の数については
   マイク・ペンス副大統領
が4月に韓国を訪問した時、在韓米軍の数を「3万7500人」と話した。

 韓米両国が在韓米軍兵力の2万8500人水準維持で合意したのは2008年4月のこと。

 当時、李明博(イ・ミョンバク)大統領とジョージ・ブッシュ大統領は、米国キャンプデービッドキャンプで開かれた韓米首脳会談後の記者会見で、在韓米軍の3500人追加縮小計画を白紙化し、現行水準(2万8500人)を維持することで合意した。

 その後、在韓米軍兵力は2万8500人水準を維持しているというのが在韓米軍と韓国国防部の公式見解。

 
    

« 銃口から政権が生まれる | トップページ | 訴えられるのを阻止するため、記者や高度な訓練を受けた元スパイ、身元を偽った軍人らを雇っていた »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在韓米軍の数が3万3000人?:

« 銃口から政権が生まれる | トップページ | 訴えられるのを阻止するため、記者や高度な訓練を受けた元スパイ、身元を偽った軍人らを雇っていた »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ