« 北朝鮮の保有核弾頭数を14~18発程度保有しており、この数は2020年までに100発にも達する可能性 | トップページ | 習氏とトランプ氏の関係は改善しているとみられている。 »

2017年11月 3日 (金)

核攻撃の脅威

 

 米国防総省の推計によると、北朝鮮は通常、国内総生産(GDP)の25%近くを防衛費に充て、資金の大半をつぎ込んでいるのが、核兵器開発とミサイル計画という構図がある。

 9月に実施した核実験について北朝鮮は過去最大規模と表現したうえ、水爆実験だったと主張している。

 

 米国のシンクタンク、米韓研究所の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」とノルウェー地震観測所(NORSAR)はそろって、爆発規模は250キロトンだったと推計した。

 

 核爆弾の被害規模シミュレーションサイト
   「ニュークマップ(Nukemap)」
では、北朝鮮が同規模の弾頭をソウル上空、約1.5キロの高さで爆発させた場合、瞬時に
   66万人以上が死亡
することになる。

 

 米軍が核爆弾を用いて北朝鮮の平壌などへの核攻撃を行った場合、北朝鮮側の死者数は82万人と推計されている。

 
 

ひとこと

 これが東京上空であった場合にはさらに被害が大きくなることを認識すべきだろう。 


             

« 北朝鮮の保有核弾頭数を14~18発程度保有しており、この数は2020年までに100発にも達する可能性 | トップページ | 習氏とトランプ氏の関係は改善しているとみられている。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 核攻撃の脅威:

« 北朝鮮の保有核弾頭数を14~18発程度保有しており、この数は2020年までに100発にも達する可能性 | トップページ | 習氏とトランプ氏の関係は改善しているとみられている。 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ