« ジンバブエ軍司令官が5日前に訪中 クーデターに中国の影? | トップページ | 鎮痛剤「オピオイド」 の乱用が経済に及ぼすコストは15年に 「5040億ドル(約57兆円)」を超えた。 »

2017年11月20日 (月)

トランプ大統領が仮に「違法な核攻撃」を指示すれば拒否できる。(米戦略司令官)

 

米戦略司令官
   ジョン・ハイトン大将
は18日、カナダのノバスコシア州ハリファクスで開かれた
   国際安保フォーラム
で、ロバート・ケラー元戦略司令官が14日、米国大統領
   ドナルド・トランプ氏
の核兵器使用指示が適法でなければ拒否できるとした発言に対する質問を受けた。

 CBS放送の報道によれば戦略司令部は、核兵器および大陸間弾道ミサイルなど米国の戦略兵器全般に対する統制権を有していると述べ、
   大統領の核攻撃指示が違法
と判断されれば拒否できると明らかにした。

 最近、米議会を中心にトランプ大統領の
   核兵器使用権限
にブレーキをかけるべきだという声が高まっている。

 ハイトン戦略司令官は、核兵器使用の一般的な
   命令実行手続き
いついて説明した。

 また、違法な命令の拒否は複雑な話ではないと述べ、「私は大統領に助言」して、「大統領は私にすべき仕事を指示するだろう。指示が違法ならば、どういうやりとりになるだろうか?」と聴衆に問い直した。

 大統領に「それは違法です」と話せば、大統領は「合法的な方法にはどんなものがあるか」と尋ねるだろうと説明した。

 そうなれば私は
   「いかなる状況にも対応できる力量」
を組み合わせて作った選択肢を大統領に提示することになると続け、「このような形」で仕事が進められるだろうと話した。

 朝米間の緊張が高まる中で出てきた発言なので注目される。

 ハイトン戦略司令官は

 

 米軍は武力衝突法に出てくる
   「適法性、必要性、比例性、過剰禁止条項」
などと関連して、数十年間鍛練されてきた。

 違法な命令を受けた時、どのように対応するのかについて
   色々なシナリオ
を調べておくことも基本任務の一つと述べた。

 特に「不法な命令」を実行すれば監獄に行かなければならないだろうと語った。
 残る人生を監獄で過ごさなければならないかもしれないと付け加えた。

  
 

ひとこと

 ハイトン戦略司令官の発言は、「予測不能な」思い付きでその場限りの発言が目白押しで弾劾裁判のリスクが始まる可能性が高いと見られているトランプ大統領が偶発的に
   核のボタン
を押すという米国内の憂慮を鎮める次元から出たもので、媚て尻尾を振りつつけるポチ犬外交を繰り返して、見苦しい「日本の政権」の与野党政治家の質の向上が必要だ。

 トランプ大統領が弾劾裁判で退陣する事態になった場合には、近づきすぎている外交が姿勢が問題化し、大きな影響を受けるリスクも考えておくべきだろう。

 
  

« ジンバブエ軍司令官が5日前に訪中 クーデターに中国の影? | トップページ | 鎮痛剤「オピオイド」 の乱用が経済に及ぼすコストは15年に 「5040億ドル(約57兆円)」を超えた。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ジンバブエ軍司令官が5日前に訪中 クーデターに中国の影? | トップページ | 鎮痛剤「オピオイド」 の乱用が経済に及ぼすコストは15年に 「5040億ドル(約57兆円)」を超えた。 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ