« 欧州の新車販売台数が前年同月比で5.8%増加 | トップページ | 特権階級をいつまで維持させるのか? »

2017年12月15日 (金)

香港ドルは14日、米ドルに対して約1年ぶりの大きさで急落

 

 香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)の
   陳徳霖(ノーマン・チャン)総裁
は記者団に対し、米利上げを受けて基準金利を同日に0.25ポイント引き上げた後に
   為替基金証券
の需要はほぼ満たされていると述べ
   為替基金証券
の増発計画はないと続けて発表したことが背景にある。

 同証券の発行はこれまで香港ドル相場の下支え材料となってきた。

 また、香港ドルが対米ドル・ペッグ許容変動幅の下限に達するのを阻止したいとHKMAが考えているという事実はないと語った。

 香港ドルは一時、0.1%安の1米ドル=7.8121香港ドルに下落した。

 
    

« 欧州の新車販売台数が前年同月比で5.8%増加 | トップページ | 特権階級をいつまで維持させるのか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港ドルは14日、米ドルに対して約1年ぶりの大きさで急落:

« 欧州の新車販売台数が前年同月比で5.8%増加 | トップページ | 特権階級をいつまで維持させるのか? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ