« ネット中立性規定の廃止案を可決(FCC) | トップページ | ジェネリック(後発薬)最大手が事業縮小 »

2017年12月15日 (金)

ディズニー マードック氏率いる21世紀フォックスを買収

 

 マードック氏率いる21世紀フォックスとディズニーは14日、フォックスの株主が同社株1株につきディズニー株0.2745株を受け取ると発表した。

 ディズニーの
   ボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)
は2021年まで同職にとどまる。

 ディズニーの買収資産には映画・テレビ番組制作スタジオや、英国のメディア大手スカイの株式39%、スター・インディア、ナショナル・ジオグラフィックなど複数のケーブルチャンネルが含まれる。

 また、フォックスはスカイ株の未保有分61%の取得を予定通り完了させる方針。
 最終的にディズニーが保有することになる。

 21世紀フォックスはFOXニュース、スポーツチャンネルのFS1などについてはスピンオフし、米国で運営を続ける。

 マードック氏としては今回の資産売却は劇的な事業縮小を意味する。

 なお、ディズニーはフォックスの純負債およそ137億ドルも引き受け、買収は今後12-18カ月で完了するという。


    

« ネット中立性規定の廃止案を可決(FCC) | トップページ | ジェネリック(後発薬)最大手が事業縮小 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディズニー マードック氏率いる21世紀フォックスを買収:

« ネット中立性規定の廃止案を可決(FCC) | トップページ | ジェネリック(後発薬)最大手が事業縮小 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ