« NY裁判所がトランプ大統領のセクハラめぐる訴訟の審理を開始 | トップページ | 中国共産党と表裏一体のメディアの記事は? »

2017年12月 8日 (金)

中国人観光客が食事代金を値切り騒ぎ、大乱闘

 

 台湾メディアの三立新聞によると、十数人の中国人観光客が4日夜、台湾高雄市で有名な羊スープの店を訪れ食事をしたところ会計が8000台湾ドル(約3万円)だったため、観光客らが5000台湾ドル(約1万8000円)にまけるよう交渉し騒ぎだし乱等が起きた。

 同店の店員の話では中国本土からの観光客たちはビール2ケースと料理を注文して、7000〜8000台湾ドルだったが、値切ろうとして騒ぎ出した。

 隣のお客さんが傍若無人な中国人観光客の素行の悪さを撮影しようとして乱闘になったという。

  
   

« NY裁判所がトランプ大統領のセクハラめぐる訴訟の審理を開始 | トップページ | 中国共産党と表裏一体のメディアの記事は? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人観光客が食事代金を値切り騒ぎ、大乱闘:

« NY裁判所がトランプ大統領のセクハラめぐる訴訟の審理を開始 | トップページ | 中国共産党と表裏一体のメディアの記事は? »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ