« 米国の国益を脅す「修正主義の大国」だと認定 | トップページ | 利益誘導の疑い »

2017年12月19日 (火)

新エネルギー車向けの補助金を停止するよう命じる計画(中国)

    

 中国は、各地方政府に対し
   電気自動車(EV)
や他の新エネルギー車向けの補助金を停止するよう命じる計画。

 保護主義を阻止し、政府支出を抑制することを目指す。

 この情報については匿名を条件にメディアの取材で政府関係者が話したというもの。

 

 中国財政省は当局に補助金を段階的に廃止するよう命じる計画を策定中で早ければ来年に実施される可能性がある。

 

 中国の自動車メーカー各社は、EVの購入拡大につながる政府の補助金を頼りにしてきた。
 2015年には米国を抜いて中国は世界最大のEV市場に成長した。
 他の手段を通じた開発経費などの負担の埋め合わせがなければ、補助金廃止はBYDや北京汽車などのメーカーに打撃となる可能性がある。

 これまで中国の中央・地方政府は
   環境対応車
を促進する戦略の一環としてメーカーは補助金に頼ってきたものの、経費節約の自助努力が失われて輸出における保護主義的な政策が不当競争と見なされるおそれがあり、政府はこれに対処しようとしているようだ。

 また、中国当局の財政負担の解消も課題となっていた。

 
    
 
 
    

« 米国の国益を脅す「修正主義の大国」だと認定 | トップページ | 利益誘導の疑い »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新エネルギー車向けの補助金を停止するよう命じる計画(中国):

« 米国の国益を脅す「修正主義の大国」だと認定 | トップページ | 利益誘導の疑い »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ