« 利益誘導の疑い | トップページ | レモネードに出資 »

2017年12月19日 (火)

「日常的な訓練」というのは探査能力の情報収集も含まれる。

 

 韓国軍合同参謀本部によると中国空軍の爆撃機など5機が18日、東シナ海の海中岩礁・離於島の南西から韓国の
   防空識別圏
に一時進入、韓国軍はF15戦闘機を緊急発進させた。

   

 韓国軍がホットラインで中国軍に問い合わせたところ、中国軍機であることを確認し、「日常的な訓練」と説明したという。

 中国機は1月にも、韓国の防空識別圏内を飛行しており、進入は今年2回目となる。
 離於島付近では日中韓3カ国の防空圏が重なっている。

 
 

ひとこと

 レーダー探査からスクランブルまでの韓国軍の動きや情報の伝達などを探る動きの一環だろう。

 
       

« 利益誘導の疑い | トップページ | レモネードに出資 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日常的な訓練」というのは探査能力の情報収集も含まれる。:

« 利益誘導の疑い | トップページ | レモネードに出資 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ