« 国際的な資産運用会社十数社の代表がローマで開かれた五つ星の議員を囲む非公開の会合に参集 | トップページ | 運用の高度化を図る日本の生保業界 では海外の資産運用会社との提携 »

2017年12月 2日 (土)

上院の税制改革案の採決は1日遅くか2日早朝になる可能性

 

 ホワイトハウスのショート議会担当補佐官によると、上院の税制改革案の採決は1日遅くか2日早朝になる可能性がある。

 米国議会上院共和党の
   マコネル上院院内総務
は上院の税制改革案について
   可決に必要な共和党票
を確保していると述べた。

  

« 国際的な資産運用会社十数社の代表がローマで開かれた五つ星の議員を囲む非公開の会合に参集 | トップページ | 運用の高度化を図る日本の生保業界 では海外の資産運用会社との提携 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上院の税制改革案の採決は1日遅くか2日早朝になる可能性:

« 国際的な資産運用会社十数社の代表がローマで開かれた五つ星の議員を囲む非公開の会合に参集 | トップページ | 運用の高度化を図る日本の生保業界 では海外の資産運用会社との提携 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ