« 急成長中の「私募ファンド業界」 の取り締まりに乗り出す中国 | トップページ | 仮想通貨ビットコインの先物取引がスタート サーキットブレーカー が2回発動 »

2017年12月11日 (月)

英国経済は転がり落ちるかも。

 

英国のメイ首相は欧州連合(EU)離脱交渉で8日にようやく合意に至ったものの早速ほころびが表れ、もろさを露呈している。

 英国のデービス離脱担当相は10日、BBCテレビに対し、EUとの8日の合意を英国が必ずしも順守しない可能性を示唆した。

 英国のEU離脱後
   アイルランド国境
を開かれたものにすることで合意ができない場合は
   EUに合わせた規則
を維持するという条項について
   英国が異なる規則を
定めることができないことを意味しないと主張した。

 また、合意内容は「法的拘束力があるというよりも、意向を表明したものだ」と述べた。

 この発言に対しアイルランド側は当然すぐに反発した。

 コベニー副首相が早速10日夜のツイッターで
   「将来のいかなる合意の性質にもかかわらず、順守されなければならない」
という合意文書の中の文言を挙げ、拘束力がないという主張に反論してみせた。

 

 また、アイルランドは声明を出し、離脱交渉の第1段階に関する8日の合意を「英国が順守することは、アイルランド政府とEUにとって既定だ」と強調した。

  

 メイ首相は11日、「全てが合意されるまでは何一つ合意されない」と電子メールでの声明でコメントした。
 首相は同日の閣議後、議会で演説する予定。

 
    

« 急成長中の「私募ファンド業界」 の取り締まりに乗り出す中国 | トップページ | 仮想通貨ビットコインの先物取引がスタート サーキットブレーカー が2回発動 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国経済は転がり落ちるかも。:

« 急成長中の「私募ファンド業界」 の取り締まりに乗り出す中国 | トップページ | 仮想通貨ビットコインの先物取引がスタート サーキットブレーカー が2回発動 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ