« 意識する必要がある対象は異なる。 | トップページ | バノン氏らに1月初めの議会証言を求める書簡を送付 »

2017年12月24日 (日)

韓国を自由に訪問できるよう制度を改善する方針

 

 聯合ニュースは韓国政府が22日、
   在外同胞政策委員会
で、在日コリアンのうち
   「朝鮮籍」
を持つ人が韓国を自由に訪問できるよう制度を改善する方針を決めたと伝えた。

 朝鮮籍の在日コリアンの数は現在、3万人ほどだとのこと。

 

 過去に同様の施策がとられた際には、朝鮮籍から韓国籍への変更が一気に進んだ経緯がある。

 在日コリアンの人口動態がどうなるか興味深い。

 また、在日朝鮮人の韓国籍は昨年末の時点で約45万3000人(法務省入国管理局調べ)いる。

 ただ、韓国籍の人数には、最近日本へ来たばかりの留学生やビジネスマンも多数含まれている。
 なお、戦前に朝鮮半島から就労目的で来た人とその子孫は30万人ほどで、韓国に戻っても差別的な扱いを受けるなど、なじみのない韓国から日本籍に変更して帰化するものも多い。

 1980年代までは、朝鮮籍も10万人単位で存在しており、在日コリアン全体の数が約70万人だった。韓国籍と朝鮮籍の内としては概ね韓国籍6に対し朝鮮籍が4ほどの比率だったと見られる。

    
    

« 意識する必要がある対象は異なる。 | トップページ | バノン氏らに1月初めの議会証言を求める書簡を送付 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国を自由に訪問できるよう制度を改善する方針:

« 意識する必要がある対象は異なる。 | トップページ | バノン氏らに1月初めの議会証言を求める書簡を送付 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ