« 外交における合意を無視するのであれば、相応の措置を実行し制裁を課すべきだ。 | トップページ | トランプ大統領の精神状態はどんどん悪化 »

2018年1月 6日 (土)

EMP攻撃で米国の電力網が破壊されれば、国民の約9割が1年以内に死亡

 

 米国の安全保障強硬派ともいわれるWASPの一部勢力においては、衛星通信を不能にし、電力系統を停止させる
   電磁パルス(EMP)兵器
の脅威を警告してきた。

 元CIAの核専門家
   ピーター・プライ氏
らの報告書では、EMP攻撃で米国の電力網が破壊されれば、国民の約9割が1年以内に死亡する可能性があると伝えた。

 
   

« 外交における合意を無視するのであれば、相応の措置を実行し制裁を課すべきだ。 | トップページ | トランプ大統領の精神状態はどんどん悪化 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 外交における合意を無視するのであれば、相応の措置を実行し制裁を課すべきだ。 | トップページ | トランプ大統領の精神状態はどんどん悪化 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ