« EMP攻撃で米国の電力網が破壊されれば、国民の約9割が1年以内に死亡 | トップページ | 習主席が人民解放軍に対し、「死を恐れるな」という異例の激励 »

2018年1月 6日 (土)

トランプ大統領の精神状態はどんどん悪化

 

 米国のドナルド・トランプ大統領の
   精神衛生(メンタルヘルス)状態
について、昨年12月上旬に
   連邦議会議員向けの説明会
が開催されていたと米CNNが報じた。

 少なくとも10人超の議員が参加し、ほぼ全員が民主党議員だったという。

 この説明会は、精神科医とメンタルヘルスの専門家27人がトランプ氏の精神状態を評価した書籍
   The Dangerous Case of Donald Trump
           (ドナルド・トランプの危険な症例)
を編さんした米国エール大学の
   バンディー・リー(Bandy Lee)准教授
が、昨年12月5日と6日に行ったもの。

   

 リー氏は説明会に参加した議員らはこうした大統領の危険性、大統領の精神的な不安定さがこの国を脅かす危険性を非常に懸念していると言ったと米CNNに対し明らかにした。

 この説明会の参加者は1人を除き全員、民主党議員だった唯一出席した共和党議員の名前を挙げることを拒んでいる。

  

 また、政治サイト
   ポリティコ(Politico
に対し、トランプ氏の精神状態はどんどん悪化しており、大統領職が与えるプレッシャーに耐えられなくなるだろうと指摘した。

 

 米国議会下院ではトランプ大統領が精神的、身体的に権限と義務を果たすことができない可能性を判断する委員会の設置法案を民主党議員57人が共同提案している。

  トランプ氏の精神状態についてこうした評価を下すことは、米精神医学会(APA)の
   ゴールドウオーター・ルール(Goldwater Rule)
に反しているようにみえる。

 このルールは「会員の精神科医は、直接診断していない患者の精神状態に対する専門的意見を公表すべきではない」としている。

 
    

« EMP攻撃で米国の電力網が破壊されれば、国民の約9割が1年以内に死亡 | トップページ | 習主席が人民解放軍に対し、「死を恐れるな」という異例の激励 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプ大統領の精神状態はどんどん悪化:

« EMP攻撃で米国の電力網が破壊されれば、国民の約9割が1年以内に死亡 | トップページ | 習主席が人民解放軍に対し、「死を恐れるな」という異例の激励 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ