« 金氏と良好な関係にあり、北朝鮮との対話の可能性を排除しないと話したことはない? | トップページ | トルコ軍 アレッポ県にあるクルド人の町アフリンを砲撃、地上作戦を展開 »

2018年1月15日 (月)

光害が鳥の免疫低下を促進

 

 西ナイル熱が1999年に米東海岸で現れてから、数年で米国全土に広がった。

 米国では数千人が感染し、スズメ、カラス、その他の鳥も多く感染した。

 サウスフロリダ大学の環境免疫学者
   メレディス・ケルンバッハ氏
は、毎年開かれる
   総合比較生物学会大会(SICB)
で西ナイル熱の拡散について、光害が鳥の免疫低下を促進するという結論に至ったことを明らかにした。

 

 光害は人間の体内時計を乱し、花粉媒介者にとっての脅威となる。
 そのために通常より早く春が来てしまううえ、夜間の光が原因で、天の川の光を目にできないリスクもあるという。

 これは、鳥が感染源である期間が2倍長くなること意味するもので、蚊に媒介されたウイルスが光害という予期せぬ助手を得たことにもなる。

 西ナイル熱は主に鳥の伝染病だが、鳥の血を吸い感染した蚊が人間の血を吸うことによって人に感染することもある。

 感染すると、発熱、全身の痛み、様々な発疹、下痢、長く続く倦怠感を引き起こすだけでなく、脳炎や脳膜炎を起こす場合もある。

 なお、米国だけで、ウエストナイル熱発生時点から2000人ほどが亡くなった。


   

« 金氏と良好な関係にあり、北朝鮮との対話の可能性を排除しないと話したことはない? | トップページ | トルコ軍 アレッポ県にあるクルド人の町アフリンを砲撃、地上作戦を展開 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光害が鳥の免疫低下を促進:

« 金氏と良好な関係にあり、北朝鮮との対話の可能性を排除しないと話したことはない? | トップページ | トルコ軍 アレッポ県にあるクルド人の町アフリンを砲撃、地上作戦を展開 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ