« 追加利上げ の実施まで間を置くべき | トップページ | トルコのフランケンシュタイン »

2018年1月 8日 (月)

「マザーズ」と「ジャスダック」を統合する方向で検討

 

 読売新聞は6日日本取引所グループ(JPX)傘下の
   東京証券取引所
が発足当時からの課題だった
   新興企業向け株式市場
の「マザーズ」と「ジャスダック」を統合する方向で検討に入ることを報じた。

 日本の新興市場の位置付けを明確化にし、市場の活性化を狙うという。

  JPXのサイトによると、マザーズに上場する企業の数は246社あり、市場の時価総額は約5兆3553億円となっている。
 また、ジャスダックの上場企業は749社、市場時価総額は約11兆6662億円だ。

 この統合が実現すれば、単純合算で約1000社が上場する企業価値16兆円規模の市場が登場することになる。

 JPXにとって両市場の統合・再編はグループ発足当時からの課題だった。

 
 

« 追加利上げ の実施まで間を置くべき | トップページ | トルコのフランケンシュタイン »

出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マザーズ」と「ジャスダック」を統合する方向で検討:

« 追加利上げ の実施まで間を置くべき | トップページ | トルコのフランケンシュタイン »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ