« 攻撃に加わったロシア人を中心とした雇兵部隊隊の200人以上の兵士が死亡 | トップページ | 中国工場の開設に向けた交渉が難航 »

2018年2月15日 (木)

ハマ、イドリブ、アレッポの3県がISから解放 戦闘員らは投降

 

 シリア北西部イドリブ県が13日
   イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」
から完全に解放された。

 同県に逃げ込んでいたISの残党が掃討作戦中の反体制派組織
   ジャイシュ・アルナスル(Jaish al-Nasr)
に投降した。

 

 この組織の広報担当者と、在英非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が明らかにした。

 反体制派組織の広報担当者は、IS戦闘員とその親族、負傷者ら約400人が反体制派連合に投降したと述べた。

 投降した戦闘員らは、ISが地域に潜伏工作員を残していないかを確かめるため尋問にかけられるほか、「特別法廷」で裁かれるという。

 

 ISはかつて、ハマ(Hama)、ホムス(Homs)、アレッポ(Aleppo)各県の一部と、ラッカ(Raqa)県の大部分を含むシリア北・中部の広い範囲を掌握していた。

 その後、昨年に要所での敗退を繰り返した末に、戦闘員数百人がハマ、イドリブ、アレッポの3県が接する狭い地域に逃げ込んでいた。

 

 シリア人権監視団のラミ・アブドル・ラフマン代表は、これら3県はIS戦闘員から完全解放されたと説明した。

 
    

« 攻撃に加わったロシア人を中心とした雇兵部隊隊の200人以上の兵士が死亡 | トップページ | 中国工場の開設に向けた交渉が難航 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/72918553

この記事へのトラックバック一覧です: ハマ、イドリブ、アレッポの3県がISから解放 戦闘員らは投降:

« 攻撃に加わったロシア人を中心とした雇兵部隊隊の200人以上の兵士が死亡 | トップページ | 中国工場の開設に向けた交渉が難航 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ