« フランスの市場規制当局は仮想通貨取引に対し、厳しい規則の対象になると判断した。 | トップページ | 米国債の先行きを巡る大論争 »

2018年2月23日 (金)

フィンランドの「ロビオ」の株価が、50%の暴落

 

 モバイルゲーム「アングリーバード」を手掛けるフィンランドの
   ロビオ
の株価が、22日のヘルシンキ市場で暴落した。

 下落率は50%と昨年9月の新規株式公開(IPO)以来最大。

 時価総額は4億ユーロ(約530億円)弱に減少した。

 同社幹部が示した2018年の売上高・利益予想が前回予想を大きく下回り、これを嫌気した投資家の売りが膨らんだもの。

 ロビオが昨年11月に発表した2017年7-9月(第3四半期)決算は、アングリーバードに続くヒット作が出ていない状況からどこまで悪化しているかと投資家を疑心暗鬼にさせていた。

 ファンドの一つに同社株を組み入れている資産管理会社FIMはこの日、同社の18年予想に「大いに失望した」と述べた。

 
    

« フランスの市場規制当局は仮想通貨取引に対し、厳しい規則の対象になると判断した。 | トップページ | 米国債の先行きを巡る大論争 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドの「ロビオ」の株価が、50%の暴落:

« フランスの市場規制当局は仮想通貨取引に対し、厳しい規則の対象になると判断した。 | トップページ | 米国債の先行きを巡る大論争 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ