« ロシアが依然として「米政治への干渉」を試みており、今年11月の中間選挙では脅威 | トップページ | 攻撃に加わったロシア人を中心とした雇兵部隊隊の200人以上の兵士が死亡 »

2018年2月14日 (水)

米金融当局は経済に対する脅威が生じないか警戒中

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   パウエル新議長
は、金融市場が混乱する中で、金融当局は
   経済に対する脅威
が生じないか警戒していると述べた。

 また、当局は完全雇用と物価安定の目標達成に向けて前進を続けていると指摘した。

 金融の安定を脅かすリスクが生じていないかどうか、われわれは警戒を続けると表明した。

 この発言内容は宣誓就任式での演説テキストに基づくもの。

 パウエル議長は、イエレン前議長の後任として5日に宣誓就任した。

  

« ロシアが依然として「米政治への干渉」を試みており、今年11月の中間選挙では脅威 | トップページ | 攻撃に加わったロシア人を中心とした雇兵部隊隊の200人以上の兵士が死亡 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/72913798

この記事へのトラックバック一覧です: 米金融当局は経済に対する脅威が生じないか警戒中:

« ロシアが依然として「米政治への干渉」を試みており、今年11月の中間選挙では脅威 | トップページ | 攻撃に加わったロシア人を中心とした雇兵部隊隊の200人以上の兵士が死亡 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ