« 訪日中国人の目的調査 | トップページ | 議会で受け入れられる可能性は低い公共事業案 »

2018年2月13日 (火)

軍事パレードで短時間で発射が可能な固体燃料式の新型短距離弾道ミサイルを披露

 

 北朝鮮が8日に実施した軍事パレードに、短時間で発射が可能な
   固体燃料式の新型短距離弾道ミサイル
が含まれていたことが明らかになった。

 米国ジョンズ・ホプキンズ大学の北韓分析サイト「38ノース」は8日、北朝鮮が8日の軍創建70年の記念日に行った軍事パレードで固体燃料式の新型短距離弾道ミサイルが初登場したとする分析を出しました。

 38ノースは、新型ミサイルの形や大きさなどから、核弾頭を搭載できる射程400キロのロシアの
   戦術ミサイル「イスカンデル」
を基盤にしたものと推定されるという。

 また、韓国軍の短距離ミサイル「玄武2」とも共通点があり、北朝鮮の短距離ミサイル「KN02」より飛距離がやや長いと分析した。

 そして、北朝鮮が米国本土を射程に収める新型大陸間弾道ミサイルを4基しか公開しなかったのは、移動式発射台の製造が遅れている可能性が高いと推定した。

 このほか、中距離弾道ミサイル「ムスダン」が登場しなかったのは
   開発が凍結
されたためとする分析を出した。

 
   

« 訪日中国人の目的調査 | トップページ | 議会で受け入れられる可能性は低い公共事業案 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/72892647

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事パレードで短時間で発射が可能な固体燃料式の新型短距離弾道ミサイルを披露:

« 訪日中国人の目的調査 | トップページ | 議会で受け入れられる可能性は低い公共事業案 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ