« 発砲により14人の「犠牲者」 | トップページ | 鳥インフルエンザウイルスH7N4型の人への初感染例を確認 »

2018年2月15日 (木)

米ドルの長期的な見通しは暗い。

 

 トロント・ドミニオン銀行の外為ストラテジー北米責任者
   マーク・マコーミック氏
は米国の財政赤字と経常赤字が合わせて国内総生産(GDP)の6%に近づく中、米ドルの長期的な見通しは暗いと指摘した。

 経常赤字と財政赤字が為替相場の強い
   脆対外弱性
を生み出すと述べた。

 また、米ドルが依然、長期ベースで約10%過大評価されていると考えているという。

 クレディ・スイスでも米ドルは高過ぎるとしており、世界経済堅調の中で今年10%下落する余地があるとみているようだ。

 
       

« 発砲により14人の「犠牲者」 | トップページ | 鳥インフルエンザウイルスH7N4型の人への初感染例を確認 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルの長期的な見通しは暗い。:

« 発砲により14人の「犠牲者」 | トップページ | 鳥インフルエンザウイルスH7N4型の人への初感染例を確認 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ