« 中国の情報統制 | トップページ | トランプ氏 高校銃乱射事件 の際に校舎に突入しなかった警官について非難 »

2018年2月27日 (火)

インフレ率は過去何年も当局目標の2%を小幅に上回っている。

  
 

 米連邦準備制度理事会(FRB)の
   パウエル新議長
をはじめとする金融当局者は、9年間にわたる現行の米景気拡大をさらに持続させようと
   2.5%程度の物価上昇
なら受け入れる可能性があると、複数のベテランFRBウオッチャーが指摘した。

 米国のインフレ率は過去何年も当局目標の2%を下回って推移している。
 これは同目標を小幅に上回っても容認するという趣旨だ。

 パウエル氏は議長就任後初めての議会証言のため、27日に米国議会
   下院金融委員会
で、3月1日には上院銀行委員会の公聴会に臨む予定だ。

 ラフィキ・キャピタル・マネジメントの調査・戦略責任者
   スティーブン・イングランダー氏
は、インフレ率が1年以内に2.5%に
   急加速
するなら、緩やかな上昇の場合に比べて当局は受け入れに
   消極的
になるだろうと指摘した。


     

« 中国の情報統制 | トップページ | トランプ氏 高校銃乱射事件 の際に校舎に突入しなかった警官について非難 »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフレ率は過去何年も当局目標の2%を小幅に上回っている。:

« 中国の情報統制 | トップページ | トランプ氏 高校銃乱射事件 の際に校舎に突入しなかった警官について非難 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ