« 2015年の実質切り下げショック後以来の大幅安 中国人民元が急落 | トップページ | 輸入大豆 に貿易措置を課した場合の影響を検討(中国) »

2018年2月 8日 (木)

金利水準の調整については将来的には十分あり得る。

 

 日本銀行の
   鈴木人司審議委員
は8日午後、和歌山市内で会見し、長短金利操作付き量的・質的金融緩和の下での
   金利水準の調整
について、政策の持続性を高めるため「将来的には十分あり得ることだろう」との見解を示した。

  一方、強力な金融緩和を粘り強く続ける方針に変化はなく、微修正があったとしても「大きな方針転換だとか出口に向かうということでは全くない」とも述べた。

  
   

« 2015年の実質切り下げショック後以来の大幅安 中国人民元が急落 | トップページ | 輸入大豆 に貿易措置を課した場合の影響を検討(中国) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金利水準の調整については将来的には十分あり得る。:

« 2015年の実質切り下げショック後以来の大幅安 中国人民元が急落 | トップページ | 輸入大豆 に貿易措置を課した場合の影響を検討(中国) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ