« インフラの建設が航空需要の増加ペースに十分追い付いていない。 | トップページ | スタンディングデスク(立ち机)は本当に体にいいの? »

2018年2月 6日 (火)

納税者にとっては採算の合わない投資

   米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は    アマゾン・ドット・コム の第2本社計画について、2日経済専門局CNBCとのインタビューで、アマゾンの最高経営責任者(CEO)の    ジェフ・ベゾス氏 は第2本社をどこに置きたいかはっきり分かっていながら    どこが最大の優遇措置 を提示できるか都市に競わせているのだろうと指摘した上で、受け入れ都市の支出が    誘致効果 を上回る可能性があるとの認識を示し「納税者にとっては採算の合わない投資だと思う」と続けた。

« インフラの建設が航空需要の増加ペースに十分追い付いていない。 | トップページ | スタンディングデスク(立ち机)は本当に体にいいの? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 納税者にとっては採算の合わない投資:

« インフラの建設が航空需要の増加ペースに十分追い付いていない。 | トップページ | スタンディングデスク(立ち机)は本当に体にいいの? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ