« イラン中部で墜落したアーセマーン航空のATR型機の残骸を発見した。 | トップページ | 孔子学院をスパイ活動やプロパガンダ活動などの容疑で捜査 »

2018年2月21日 (水)

ソロス氏 クーレ理事とユーロ圏の統合深化について会談

 

  著名な資産家の
   ジョージ・ソロス氏
は昨年11月、ユーロ圏の統合深化という長年提唱してきた話題について議論するため欧州中央銀行(ECB)の政策決定メンバーの1人である
   クーレ理事
と会談した。

  16日に公表されたECB理事会のカレンダーによれば、クーレ理事とソロス・ファンド・マネジメントは昨年11月14日にフランクフルトで「ユーロ圏の深化」に焦点を絞る非公開会合を持ったことが明らかになった。

 クーレ理事はECBの国際・欧州関係担当である。

 同中銀の広報担当は、参加者がユーロ圏の統合について非常に高いレベルで議論したと述べた。

  

 ソロス氏(87)は、先進国・地域で
   民主主義
を促進し保護する取り組みを自身の
   オープンソサエティー財団
が強化していると述べている。

 また、先月スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムでは、欧州連合(EU)に
   市民の支持
を取り戻すとともに
   ナショナリズムの台頭
を防止するための「抜本的」改革が必要だと指摘していた。

  

« イラン中部で墜落したアーセマーン航空のATR型機の残骸を発見した。 | トップページ | 孔子学院をスパイ活動やプロパガンダ活動などの容疑で捜査 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソロス氏 クーレ理事とユーロ圏の統合深化について会談:

« イラン中部で墜落したアーセマーン航空のATR型機の残骸を発見した。 | トップページ | 孔子学院をスパイ活動やプロパガンダ活動などの容疑で捜査 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ