« 仏系青年というパクリ | トップページ | 中国大陸部に旅行する人に注意を呼び掛け »

2018年2月19日 (月)

中国海軍の潜水艦・駆逐艦・巡洋艦・護衛艦の建造量は韓国・日本・インド3カ国の建造量合計を上回った

 

 英国戦略国際問題研究所(IISS)が14日に発表した年次報告書では2000年以降、中国海軍の潜水艦・駆逐艦・巡洋艦・護衛艦の建造量は韓国・日本・インド3カ国の建造量合計を上回ったと分析した。

  また、中国が過去4年間に建造した海軍艦艇の総排水量は現在のフランス海軍の全体戦力を上回る。

 そのため、中国海軍は自国の艦隊を遠く離れた遠洋、さらに欧州周辺海域にまで配備する能力を備えていると分析した。

 

 中国の2017年の国防予算は1505億ドルと世界2位だが、インドの525億ドル(5位)、日本の460億ドル(8位)、韓国の357億ドル(10位)をすべて合わせた金額より多い。

  報告書は空軍力とミサイル分野でも中国が米国を脅かしていると伝えた。

   

 中国の次世代ステルス戦闘機「殲20(J-20)」が2020年に本格的に実戦配備されれば、米国がステルス戦闘機分野で持つ独占的な地位を失う可能性がある。

 ハリス米太平洋軍司令官も14日、米下院軍事委員会に出席し、米国は極超音速武器の開発で中国に追い越されていると述べたという。

 
    

« 仏系青年というパクリ | トップページ | 中国大陸部に旅行する人に注意を呼び掛け »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 仏系青年というパクリ | トップページ | 中国大陸部に旅行する人に注意を呼び掛け »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ