« 価格回復の望みはないとみて清算を決めた。 | トップページ | 韓国ホッケー 「歴史的な初ゴール」を記録して敗退 »

2018年2月16日 (金)

台北金融大楼(TFCC)の株式約37.2%を6億6500万米ドル(約708億円)で取得

 
 

 台湾経済部(経済省)投資審議委員会は14日、総合商社の伊藤忠商事(8001)が台北市の
   超高層ビル「台北101」
を運営する
   台北金融大楼(TFCC)
の株式約37.2%を6億6500万米ドル(約708億円)で取得することを承認した。

 株式は台湾の頂新グループから取得するという。
 海外企業がTFCCの株主になるのは初めてのこと。

 これまで一部メディアで、頂新グループが保有する取締役会5議席の取得を伊藤忠が表明したと伝えられていた。

 台北101の劉家豪・広報責任者は中央社の取材に対し、伊藤忠と頂新側は株式の取引が完了してはじめて取締役改選などについて意見を出せると説明し、現時点では関連する通知は受け取っていないことを明らかにした。

 伊藤忠は15日に発表した報道資料でTFCCへの投資について、安定した配当などのキャッシュ収入が見込めることを理由としたうえ、同社が培ってきた不動産事業での経験を生かして適切な運営管理が可能だと判断したと説明した。

 
  

« 価格回復の望みはないとみて清算を決めた。 | トップページ | 韓国ホッケー 「歴史的な初ゴール」を記録して敗退 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 価格回復の望みはないとみて清算を決めた。 | トップページ | 韓国ホッケー 「歴史的な初ゴール」を記録して敗退 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ