« フェイスブック利用者5000万人のデータを不正に取得した問題が広がっている。 | トップページ | トランプ氏 ロシアのプーチン大統領と電話会談 »

2018年3月21日 (水)

BBCが韓国メディアの記事に反論

 

 英国公営放送BBCのソウル特派員
   ローラ・ビーカー氏
が自身の記事を歪曲した一部の報道を直接正した。

  BBCニュース・コリアは19日、公式ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)ページにビーカー氏の発言を映した動画を掲載した。

 一部メディアで、BBCが
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
を共産主義者だと言ったと報じたことについて、「読んでいるうちに驚きすぎて飲んでいたお茶を吹いた。そのような風に話したことがない」と明らかにした。

 

  ビーカー氏は9日、
   「トランプと北朝鮮の対話:21世紀の政治的賭け」
という見出しで文大統領と米大統領
   ドナルド・トランプ氏
が北朝鮮と対話をしながら行っている
   「政治的賭け」
のメリット・デメリットについて扱った記事を掲載した。

 ビーカー氏は記事としてまとめるまでに、左派、右派を問わず歴史学者、社会学者など多数の専門家とインタビューをした。

  ビーカー氏にょると左派の中で多くの人が文大統領を「外交の天才」だと信じていることを確認したが、右派の中では多くの人は彼が「共産主義者」だと信じていると述べたことを「私は彼らが直接使った言葉を引用した」と話した。

 記事の冒頭では、文在寅大統領は外交の天才、あるいは自身の国を滅ぼす共産主義者のどちらだろうと記述し、誰と話すかによってと書いたと韓国メディアの報道を一部修正して正して、記事のなかにある「誰と話すかによって」という部分が核心だと強調した。

  さらに、「私の記事が完全に歪曲された」ものであるとして「誰かの記事を翻訳するためには公正にしなければならないと思う」と付け加えた。

 ビーカー氏は、「気に障ることがある」として「私がまともに写った写真を使ってはいけないでしょうか? その写真は気に入らないですから」と冗談を放った。

 
 

ひとこと

 海外の記事を勝手に解釈してしまうメディアの本質は韓国政府の反日教育などと同じで歴史的な事実を歪曲してきた姿勢と同じものだろう。

 こうしたことは日本のメディアなども同じ胡散臭さが漂うものだ。

    
   

« フェイスブック利用者5000万人のデータを不正に取得した問題が広がっている。 | トップページ | トランプ氏 ロシアのプーチン大統領と電話会談 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BBCが韓国メディアの記事に反論:

« フェイスブック利用者5000万人のデータを不正に取得した問題が広がっている。 | トップページ | トランプ氏 ロシアのプーチン大統領と電話会談 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ