« 価値創造に果たしたユーザーの所在地をベースに、EU一律で年間3%の税を課す計画 | トップページ | 最終段階に近づきつつあるのか? モラー特別検察官に対する批判を再開。 »

2018年3月22日 (木)

ユーロ建て金融取引決済がロンドンからシフトするか?

 

 欧州連合(EU)内では欧州中央銀行(ECB)に
   金融取引決済事業
への権限強化を認めようとする動きが加速している。

  

 欧州議会の
   ヒュブナー議員
は20日、同議会の関連委員会で「大多数」がECBの要求通り金融取引決済事業に対する権限を付与することを支持していると明らかにした。

 議員らはECBに付与する権限の「適切な水準」について依然協議を続けている。
 なお、6月には草案で合意できる見通しだと語った。

 ECBはユーロ建て金融商品の決済を巡る権限の強化に動いている。

 ユーロ建て金融取引決済はロンドンが
   圧倒的なシェア
を握っている。

 英国はEU離脱後もこの地位を死守する構えで、離脱を巡る協議の焦点の一つに浮上している。

 
    
    

« 価値創造に果たしたユーザーの所在地をベースに、EU一律で年間3%の税を課す計画 | トップページ | 最終段階に近づきつつあるのか? モラー特別検察官に対する批判を再開。 »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ建て金融取引決済がロンドンからシフトするか?:

« 価値創造に果たしたユーザーの所在地をベースに、EU一律で年間3%の税を課す計画 | トップページ | 最終段階に近づきつつあるのか? モラー特別検察官に対する批判を再開。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ