« 中国からの広範囲な輸入製品への関税賦課を検討 | トップページ | 批難を受けて鉄鋼とアルミニウムに輸入関税を課す米国の計画を擁護? »

2018年3月 9日 (金)

8期連続のプラス成長

 

 日本の財務省が1日発表した
   法人企業統計
では、昨年10-12月期の実質国内総生産(GDP、改定値)は、設備投資や個人消費の増加により1989年1-3月期以来28年ぶりに
   8期連続のプラス成長
を記録した。

 GDP改定値に反映されるソフトウエアを除く設備投資が
   前年同期比+4.7%
と市場予想を大きく上回った。

 公共投資は前期比0.2%減と速報値(0.5%減)から上方修正した。

    民間在庫の寄与度はプラス0.1ポイントと速報値(マイナス0.1ポイント)から上方修正した。

    貿易収支の赤字幅縮小と
   第1次所得収支
の黒字幅拡大が、経常収支の黒字幅拡大に寄与したという。
  第1次所得収支は1月として過去最高、直接投資収益の黒字幅が拡大した。

    訪日外国人旅行者数、旅行収支ともに1月として過去最大だった。

 内閣府が8日発表した。1月の経常収支の黒字幅は3カ月ぶりに拡大した。

 日本経済は輸出主導の景気回復を続けてきたが、1月の鉱工業生産指数は前月比で4カ月ぶり低下となった。

 

 野村証券のシニアエコノミスト
   桑原真樹氏
はメディアとの取材で、設備投資と在庫が上方修正の主因と分析した。

 1-3月期は悪天候により個人消費が下押しされるものの、基調は「拡大継続」とみているという。

 
   

« 中国からの広範囲な輸入製品への関税賦課を検討 | トップページ | 批難を受けて鉄鋼とアルミニウムに輸入関税を課す米国の計画を擁護? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8期連続のプラス成長:

« 中国からの広範囲な輸入製品への関税賦課を検討 | トップページ | 批難を受けて鉄鋼とアルミニウムに輸入関税を課す米国の計画を擁護? »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ