« ロシア民間軍事会社「ワグネル」の傭兵が米国主導の合同軍の爆撃で死亡。 | トップページ | 東南アジアはISとサイバー攻撃の脅威に直面していると警告 »

2018年4月29日 (日)

首を切断したブタを6時間生存させることに成功

 

 米国のテクノロジーメディア「MITテクノロジーレビュー(MIT Technology Review)」によると、神経科学者
   ネナド・セスタン氏
が率いるエール大学の研究チームは3月下旬、米国立衛生研究所(NIH)主催の会議で
   首を切断したブタ
の脳への血液循環を回復させ36時間生存させることに成功したと発表した。

 

 研究チームでは
   「ブレインEx(BrainEx)」
と呼ばれるポンプ装置を使って酸素と、体温と同じ温度に保たれた血液をブタの脳細胞に届けることに成功した。

 無数の脳細胞が健康な状態を保ち、正常に機能したものの、こうした脳に
   何らかの意識
があったことを示す兆候はなく、セスタン氏は意識はなかったと「確信」していると述べた。

 今回の実験は、一部のがんやアルツハイマー病などの研究や治療に役立つ可能性があるという。

 このような形で人間の脳が復活した場合、その脳の持ち主には何らかの記憶やアイデンティティー、人権はあるのかといったことが主な問題となる。

  

 英科学誌ネイチャー(Nature)で25日に公表された
   公開書簡
の中で、セスタン氏と16人の第1級の科学者、哲学者らは、こうした研究に絡む
   倫理問題
を提起し人間の脳に関する研究に対して当局はガイドラインを整備すべきだと訴えた。

 この実験では、食肉処理場から入手した100~200頭のブタを対象とした。

  
    

« ロシア民間軍事会社「ワグネル」の傭兵が米国主導の合同軍の爆撃で死亡。 | トップページ | 東南アジアはISとサイバー攻撃の脅威に直面していると警告 »

トレンドライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首を切断したブタを6時間生存させることに成功:

« ロシア民間軍事会社「ワグネル」の傭兵が米国主導の合同軍の爆撃で死亡。 | トップページ | 東南アジアはISとサイバー攻撃の脅威に直面していると警告 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ