« 首を切断したブタを6時間生存させることに成功 | トップページ | 米・日・ロ首脳と連続電話会談 »

2018年4月30日 (月)

東南アジアはISとサイバー攻撃の脅威に直面していると警告

 

 リー・シェンロン(Lee Hsien Loong)シンガポール首相は28日、同国で開かれた
   東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議
の開幕演説で、ISがイラクやシリアでは軍事的に敗北したが人口
   約6億5000万
人を抱える東南アジアには引き続き脅威となると指摘、警戒感を示した。

 また、東南アジアでは経済成長とともに
   デジタル技術
を日常生活に利用している人々が急激に増えておりデジタル化の流れは、サイバー攻撃に対する、東南アジア諸国の脆弱性を高めていると警告した。

 ASEAN加盟国の首脳は正式な会議に先立って行われた27日夜のワーキングディナーでは
   サイバー攻撃対策
における連携を強化することで合意した。

 
        

« 首を切断したブタを6時間生存させることに成功 | トップページ | 米・日・ロ首脳と連続電話会談 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東南アジアはISとサイバー攻撃の脅威に直面していると警告:

« 首を切断したブタを6時間生存させることに成功 | トップページ | 米・日・ロ首脳と連続電話会談 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ