« 文政権が南北首脳会談、会場の椅子に竹島を描く悪戯 | トップページ | 1400万平方フィート(約130万平方メートル)余りのポートフォリオを保有 »

2018年4月25日 (水)

新しい時代を迎えた

 

 台湾の陳建仁副総統は24日、総統府で
   在日台湾人組織「日本中華聯合総会」
の訪問を受けた。

 陳副総統は、正式な外交関係を持たない日台間で
   経済、文化、観光などの交流
が発展してきた背景には華僑の長年の努力があると指摘し
   TPP11(CPTPP)
への参加を目指す政府の姿勢を強調した。

 また、メンバーらが各自の影響力を発揮し
   経済連携協定(EPA)締結
など、日本との連携強化を後押ししてくれることに期待を示した。

 歴史的にも文化的にも密接不可分な日台の関係は
   蔡英文政権
の下で新しい時代を迎えたとアピールした。

 交流の成果として、昨年の相互訪問者数が過去最高の約645万人に達した。
 また、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)が昨年行った意識調査で、台湾を「信頼できる」と答えた日本人が過半数だったことなどに言及した。

 これらは双方の堅固な友情を表しているとの見方を示した。

 
  

« 文政権が南北首脳会談、会場の椅子に竹島を描く悪戯 | トップページ | 1400万平方フィート(約130万平方メートル)余りのポートフォリオを保有 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい時代を迎えた:

« 文政権が南北首脳会談、会場の椅子に竹島を描く悪戯 | トップページ | 1400万平方フィート(約130万平方メートル)余りのポートフォリオを保有 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ