« ルール無視の情報公開 | トップページ | 違法な手段で入手された証拠 »

2018年4月19日 (木)

外国人観光客から感染力の強い「はしか」の感染が拡大。

 
 

 沖縄県は17日、同県ではしかが流行し、16日現在まで
   患者数が56人
に達したと発表した。

 この影響を受け、観光客による沖縄旅行のキャンセルが相次いでいる。

 今回のはしかの感染源は外国人観光客で沖縄県に滞在した3日間で、はしかを商業施設のスタッフに感染させたことから、全県に感染が拡大するに至った。

 名護市の中学校では生徒がはしかに感染したため、今週末までの学級閉鎖を決定した。
 沖縄の県立病院は二次感染を防ぐため、はしか患者への面会を禁止した。

 

 国立伝染病研究所は、沖縄県のはしかが日本各地に蔓延する可能性があると予想した。

 

 感染拡大を防ぐため
   はしかワクチン
の予防接種を受け、人の多い場所を避けるよう注意を喚起している。

 また、発熱や発疹が出た場合は直ちに医療機関に報告し、診察を受けるよう促した。

 

 空気感染で広がる「はしか」は感染性が非常に強く、症状は赤い発疹や発熱、鼻水、せきなどで、深刻な場合は死に至ることもある。

 はしか治療の特効薬はまだないが、ワクチンの接種で効果的に予防できるとされる。

 
    

« ルール無視の情報公開 | トップページ | 違法な手段で入手された証拠 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人観光客から感染力の強い「はしか」の感染が拡大。:

« ルール無視の情報公開 | トップページ | 違法な手段で入手された証拠 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ