« 米国が先週末に制裁対象UCルサールへの影響 | トップページ | 米韓国防当局「兵力規模は訓練と他の展開状況に応じて変動する」と公表。 »

2018年4月16日 (月)

金融危機の前兆

 
 
  
 信用の崩壊となった「金利の引き上げ」政策にともなう
   サブプライムローン
の信用低下から金融危機の前兆が続いた10年前のリーマンショック現象が再び起きている。
 
 ただ、今度は逆に金融業界の利益を大きく押し上げる可能性があると見られる。
 
 ドル建てロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の急上昇は、米大手銀行それぞれの税引き前利益を少なくとも10億ドル(約1070億円)押し上げると推計されている。
 
 ローンの借り手は高い金利を強いられるのに対し、銀行側のクレジットコストは電子決済や効率的なシステムの導入など経費の削減が進んでおり、ほとんど変わっていないことが背景にある。
 
 

« 米国が先週末に制裁対象UCルサールへの影響 | トップページ | 米韓国防当局「兵力規模は訓練と他の展開状況に応じて変動する」と公表。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融危機の前兆:

« 米国が先週末に制裁対象UCルサールへの影響 | トップページ | 米韓国防当局「兵力規模は訓練と他の展開状況に応じて変動する」と公表。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ