« 歴史的な会談という幻想に酔いしれすぎ | トップページ | 天候悪化で飛べない全天候型戦闘機など「恥」でしかない。 »

2018年6月14日 (木)

地中海東部海域に米海軍第10空母打撃群が展開

 
 米海軍のサイトで空母「ハリー・S・トルーマン」
が率いる
   米海軍第10空母打撃群
が、イラクとシリアでの
   対「ダーイシュ(IS、イスラム国)」作戦
に参加しテロリストらに対しピンポイント攻撃を行うため、地中海東部海域に入ったことが発表された。
 
 
 米海軍打撃群は以前、4月に地中海に出現しており、当時、空母群の移動は米仏英による
   シリアにおける化学物質の生産工場を中心とした施設等への攻撃の数日前に始まった。
 
 この攻撃では、ダマスカス近郊のドゥーマで化学兵器による攻撃があったと推測されたことに対する対抗措置として実施された。

 この軍事行動について、ロシア下院(国家会議)の
   シャマノフ委員長
は、米国が地中海で戦力を増強し、新たな対シリア攻撃に向け準備している可能性は排除できないと指摘、そして「ロシアは力を抜いてはならない」との見解を示した。
 
     

« 歴史的な会談という幻想に酔いしれすぎ | トップページ | 天候悪化で飛べない全天候型戦闘機など「恥」でしかない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/73673516

この記事へのトラックバック一覧です: 地中海東部海域に米海軍第10空母打撃群が展開:

« 歴史的な会談という幻想に酔いしれすぎ | トップページ | 天候悪化で飛べない全天候型戦闘機など「恥」でしかない。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ