« 信頼性の低さなどから言葉の価値は未知数 | トップページ | 緩やかな物価上昇は金融政策改善の成果 »

2018年6月20日 (水)

10%の追加関税の対象とする2000億ドルの中国製品を特定するように指示

 
  米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は18日夜の声明で、10%の追加関税の対象とする2000億ドルの中国製品を特定するよう通商代表部(USTR)に指示したと発表した。
 
 また、この新たな関税を実施して中国が再び報復措置を講じた場合は、さらに2000億ドル(約22兆円)相当の中国からの輸入品に関税を適用すると警告した。
 
 
 トランプ大統領は声明のなかでで、米国は今後、貿易に関して中国や他の国から利用されることはない。われわれは全ての米国民にとってより良く、一段と公正な貿易システムの構築に向け、引き続き利用可能なあらゆる手段を行使していくとする方針を表明した。
 
 
 中国側は直ちに対抗する姿勢を打ち出し、中国商務省は19日午前の声明で、米国が2000億ドル相当の新たな関税リストを公表すれば、「強力な」報復措置を取るだろうと表明した。

 
 また、米国が正気を失い、そのようなリストを公表すれば、中国は
   包括的な量的・質的措置
を講じ、強力に報復せざるを得ないだろうと警告した。

  
  このまま行けば
   米中貿易摩擦
の一段の激化は必至の様相となってきた。
 
 
   

« 信頼性の低さなどから言葉の価値は未知数 | トップページ | 緩やかな物価上昇は金融政策改善の成果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 信頼性の低さなどから言葉の価値は未知数 | トップページ | 緩やかな物価上昇は金融政策改善の成果 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ