« 大統領選と総選挙のダブル選挙 | トップページ | 中国の特色ある大国外交に新局面を開く »

2018年6月25日 (月)

日本 セネガルと2-2で引き分け勝ち点並ぶ

 
 サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)は24日、グループHの試合が行われ、日本は途中出場した
   本田圭佑(Keisuke Honda)
のゴールが決まるなど、2度にわたって同点に追いつき、セネガルと2-2で引き分けた。

 この結果、グループHのもう一方の試合、ポーランド対コロンビアの試合に全ての目が注がれることになる。
 2試合を終えた現時時で、日本とセネガルは勝ち点4で並んだ。
 なお、1試合少ないポーランドとコロンビアは勝ち点0となっている。
 
 
 セネガルは前半11分、ユスフ・サバリのシュートが川島永嗣のミスを誘発し、イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)でプレーする
   サディオ・マネ
がゴールを決めて先制した。
 日本は同34分、乾貴士(Takashi Inui)が同点ゴールを決めて前半を1-1で折り返した。
 
 
 迎えた後半26分、日本はセネガルにクロスを許し、ボールが右サイドに流れると、一気に走りこんだ
   ムサ・ワゲ
も勝ち越しゴールを奪われた。
 
 しかし、セネガルは同33分にGK
   カディム・エンディアイエ
がクロスボールの処理を誤ると、本田が価値ある同点弾を決めた。
 
 
   

« 大統領選と総選挙のダブル選挙 | トップページ | 中国の特色ある大国外交に新局面を開く »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本 セネガルと2-2で引き分け勝ち点並ぶ:

« 大統領選と総選挙のダブル選挙 | トップページ | 中国の特色ある大国外交に新局面を開く »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ