« その場限りの発言が多いのでは? | トップページ | 拉致問題に関するやりとりといっても... »

2018年6月 3日 (日)

駐車場問題が深刻

 
 中国政府は「2017中国駐車産業発展白書」を発表した。
 
 中国の自動車など原動機付き車両の保有台数は昨年末3.1億万台を突破した。
 前年からは1.5千万台増えた。

 保有台数が増えている中、駐車スペースの不足や決まりを守らない無秩序な駐車、駐車場利用のミスマッチなどが大きな課題となっている。

   
 保有車両3.1億万台のうち、自動車は2.17億万台で、このうち
   新エネルギー車(NEV)
は約153万台という。
 
 自家用車は1.7億万台以上で、地域別で見た保有台数は、多い順に北京市の564万台、四川省成都市452万台、重慶市371万台で、経済活動が大きな上海市はこれに次ぐ全国第4位の359万台。

  駐車場問題を見れば上海では特に深刻で、駐車スペースはわずか64万7千カ所しかなく、保有台数と比べて駐車スペースが非常に少ない状況となっている。
 
     
    

« その場限りの発言が多いのでは? | トップページ | 拉致問題に関するやりとりといっても... »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駐車場問題が深刻:

« その場限りの発言が多いのでは? | トップページ | 拉致問題に関するやりとりといっても... »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ