« 北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は波乱含みになるか? | トップページ | 根深い経済問題 »

2018年6月29日 (金)

勝つことに意識した結果

 
 サッカーワールドカップ、ロシア大会で日本がポーランド戦の
   終盤に時間を稼ぐ戦術
をとったことについて、海外メディアからは批判の声が一部から聞かれたが問題などない。

 
 イギリスの公共放送BBCは、日本が勝ち点と得失点差でセネガルに並びながらも
   警告ポイントの差
で決勝トーナメントに進出したことについて「日本は、セネガルよりも規律正しくプレーし、ベスト16に残った」と評価した。

 試合終盤で、日本が時間を稼ぐ戦術をとったことについては「ベスト16に残った手法に批判の声が広がっている」と続けた。


 
 フランスのAFP通信は「日本はブーイングを受け、ポーランドに負けながらもベスト16に進んだ。最後の10分間はほとんど攻撃せず、ブーイングがスタジアムに鳴り響いた」と報じた。

 
 日本の決勝トーナメント進出を決定づけた
   警告ポイント
は、英語では「フェアプレーポイント」と呼ばれている。
 
 
 海外のサッカーファンはツイッターなどで、「日本は、アンフェアなプレーをしたにもかかわらず、フェアプレーポイントで勝ち上がった」と皮肉を込めて批判するものもあった。
 
    
    
ひとこと
 
 勝つことに意識した結果の戦術であり問題はない。
 選手の能力がまだまだでは、攻撃的な戦術を続け失点しかねない。
 ゴールキーパーの能力向上が必要だろう。
 
   

« 北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は波乱含みになるか? | トップページ | 根深い経済問題 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝つことに意識した結果:

« 北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は波乱含みになるか? | トップページ | 根深い経済問題 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ