« 非核化の問題 は完結しない | トップページ | 北朝鮮の外交官にも冗談を言う余裕 »

2018年6月 1日 (金)

中国大陸の「人権派弁護士」を擁護する活動

 
 
 台湾政府の「対中国大陸政策」を担当する大陸委員会の
   邱垂正副主任委員兼報道官
によれば、中国大陸の人権問題に関心を寄せる台湾の団体
   「台湾関懐中国人権連盟」
の楊憲宏理事長から黄氏の保護を求める申請があったことを明らかにした。
 
 
 黄氏は今後、別の国に移る見通しという。
 
 
 香港の一部メディアの報道によると、黄氏は2003年から中国大陸の
   人権派弁護士を擁護する活動
などに従事してきた。
  
 これまで中国政府公安当局により複数回身柄を拘束されたうえ、獄中で受けた暴力によって流産し、がんを発症した際には治療が許可されなかった。
   
 米国などの圧力により2016年に釈放され、国連から難民認定を受けていた。
 
   

« 非核化の問題 は完結しない | トップページ | 北朝鮮の外交官にも冗談を言う余裕 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国大陸の「人権派弁護士」を擁護する活動:

« 非核化の問題 は完結しない | トップページ | 北朝鮮の外交官にも冗談を言う余裕 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ