« 駐車場問題が深刻 | トップページ | 円安は国益に反する愚策 »

2018年6月 3日 (日)

拉致問題に関するやりとりといっても...

 
 ポンペオ米国務長官が今年4月以降に北朝鮮で
   金正恩朝鮮労働党委員長
と会談した際
   日本人拉致問題
の解決を提起したところ金氏は「そのことはよく分かっている」と答えていたことが明らかになった。
 
 なお、北朝鮮は「拉致問題は解決済み」との姿勢を崩していない。
 
 このため日本政府は金氏の発言について、拉致問題解決の重要性に理解を示してのものなのか、聞き置いただけなのか不明だが、慎重に真意の分析を進めている段階と見られる。
 
 日本政府関係者が2日、メディアに対して明らかにしたもの。

 今月12日のシンガポール開催が発表された米朝首脳会談に向けた
   米朝ハイレベル協議
の中で、拉致問題に関するやりとりが判明したのは初めてのこと。
 
 
 
ひとこと
 
 米朝会談の過程での話であり、話題のひとつといえるものの完全な核廃棄が検証で気なければ次の段階には進めない実体がある。
 シンガポールで合意できなければ、帰り道には何が起こるかわからない。
 帰路の航路は中国内陸部を飛行するが長距離の飛行に慣れない北朝鮮のパイロットの技量が気になるところ。
 
 
    

« 駐車場問題が深刻 | トップページ | 円安は国益に反する愚策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題に関するやりとりといっても...:

« 駐車場問題が深刻 | トップページ | 円安は国益に反する愚策 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ