« 抜け穴ばかりの合意で成果は不透明 | トップページ | 北朝鮮の非核化の詳細は未定なまま »

2018年6月24日 (日)

アフリカからの移民について「これ以上1人も受け入れられない」状況。

 
 ドイツ誌シュピーゲルとのインタビューでイタリアのサルビーニ内相は「統合欧州がまだ存在しているかどうか」は1年以内に決まるだろうと発言したと報じた。

 また、「全てにもはや意味がないかどうか」は予算についての協議、また2019年の欧州議会選挙という背景の中で見えてくるだろうと語った。

 アフリカからの移民についてサルビーニ内相は「これ以上1人も受け入れられない。何人か引き渡したいくらいだ」と述べた。
 
 さらに、移民に関する自身の姿勢がメルケル独首相の政権崩壊につながる可能性があることを認識しているが、それはイタリアの意図ではないと付け加えた。

   
   

« 抜け穴ばかりの合意で成果は不透明 | トップページ | 北朝鮮の非核化の詳細は未定なまま »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 抜け穴ばかりの合意で成果は不透明 | トップページ | 北朝鮮の非核化の詳細は未定なまま »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ