« 北朝鮮軍のトップ3が解任 | トップページ | 仮想通貨が最も効果を発揮しない事態は? »

2018年6月 5日 (火)

イタリアが欧州連合に残留するための条件

 
 
 イタリア紙コリエレ・デラ・セラは調査会社イプソスの世論調査でイタリアでユーロ離脱・残留を問う国民投票が実施された場合、ユーロ離脱に投票するのは29%という結果を掲載した。
 
 この調査によると、残留に投票するのは49%、22%は分からないと回答した。
 
 ただ、欧州連合(EU)を信頼するとの回答は40%に満たず、2011年の70%から大きく低下している。
 
 なお、EU離脱を望むとの回答は25%にすぎず、残留派が55%だった。
 この調査は1002人を対象に5月30、31日に実施された。
 
    

« 北朝鮮軍のトップ3が解任 | トップページ | 仮想通貨が最も効果を発揮しない事態は? »

出来事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリアが欧州連合に残留するための条件:

« 北朝鮮軍のトップ3が解任 | トップページ | 仮想通貨が最も効果を発揮しない事態は? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ