« 癌が完治 | トップページ | 米国の孤立化が進む可能性がある »

2018年6月 8日 (金)

ZTEに対する制裁を停止

 
 
 米国のロス米商務長官は7日、制裁措置を受けている中国の通信機器大手
   中興通訊(ZTE)
が、10億ドル(約1100億円)の罰金の支払いや、経営陣の刷新に合意したと発表した。
 
 これにより、米政府はZTEに対する
   制裁を停止
するが、新たな違反が確認されれば、制裁は再開されることも明らかにした。


 商務省の発表によると、ZTEは10億ドルに加え、将来の罰則発生時に没収される4億ドルの預託金を支払う。
 
 また、30日以内に経営陣を入れ替え、米国側が指定するコンプライアンス担当者を置くことになる。

 
 商務省では4月、北朝鮮とイランに対する制裁措置に違反したZTEに対し、米企業が同社に部品などを輸出することを禁じる制裁を発動させた。
 
 この措置により部品供給が途絶えたZTEは主要業務が停止し、経営危機に陥っていた。


 なお、米国メディアのCNBCの番組ではロス長官は、ZTEとの合意は、米政権が検討する
   知的財産権侵害
をめぐる対中制裁措置の発動の是非に「影響を与えない」との見方を示した。
 
 
 トランプ米大統領は先月下旬の米テレビのインタビューで、ZTEへの制裁緩和で中国の
   習近平国家主席
と合意したと述べていた。

 
 
    

« 癌が完治 | トップページ | 米国の孤立化が進む可能性がある »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZTEに対する制裁を停止:

« 癌が完治 | トップページ | 米国の孤立化が進む可能性がある »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ