« 中国の特色ある大国外交に新局面を開く | トップページ | 人権問題 を無視して置き去りにした米国 »

2018年6月26日 (火)

長安汽車との協力合意の解消に向けた交渉

 
 中国メディアの「国際商報」は日本のスズキ自動車が中国の
   長安汽車
との協力合意の解消に向けた交渉を進めていると伝えた。
 
 業界関係者の話では、スズキは中国現地生産から撤退する方針を固めており、提携先の長安汽車との協力関係も解消する方針と述べ、双方はまだ最終的に合弁会社「長安スズキ」を解散することについて合意に達していない。
 
 ただ、スズキは合弁会社から手を引くとすでに決めているという。
 
 エコノミーカーが中国乗用車市場で低迷しているのは、長年にわたる業界の流れとの見方がある。
 
 中国乗用車市場の発展初期では乗用車は価格が高く、消費者の購買力には限界があった。
 
 このため、エコノミータイプの乗用車が市場で相対的によく売れていた。

 中国経済が急速に発展したことで、消費者の収入が持続的に上昇し、中・大型乗用車を好む人が増えた。
 
 2009年から10年にかけては、排気量1.6リットル以下の乗用車を対象とした自動車取得税の
   減税措置
など国の経済活性化政策による支援もあった。
 
 消費バージョンアップによる購買力の向上で、中・高級タイプ乗用車の売れ行きが目を引くようになったがスズキはこの流れに追いつけず、11年から相対的に不調に陥っていったと指摘している。
 
    

« 中国の特色ある大国外交に新局面を開く | トップページ | 人権問題 を無視して置き去りにした米国 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長安汽車との協力合意の解消に向けた交渉:

« 中国の特色ある大国外交に新局面を開く | トップページ | 人権問題 を無視して置き去りにした米国 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ